HOME > 妊娠準備療法

サプリメント

近年、人々が生活する社会環境の激変により、ホルモンバランスの乱れなどからなかなか妊娠に至らない方も増えています。 一つには、食生活の多様化による栄養バランスの乱れも問題ではないかと考えます。不妊は女性のみならず、男性にも大きな要因があり、二人で対処していく必要があります。治療を進めていく上で、食生活で補うことが難しい栄養素をサプリメントとして補給し、栄養バランスを整えることにより、妊娠の可能性を高められればと「葉酸+カルシウム」のサプリメントを監修いたしました。

「葉酸とカルシウム」

葉酸は子宮内膜の質を上げ、着床率の向上や受精卵を保護する働きがあります。
「葉酸+カルシウム」には1カプセルに250㎍の葉酸が配合され、1日4カプセルで無理なく1日に必要な葉酸を摂取することができます。 カルシウムは、沖縄県与那国島で産出される「サンゴカルシウム」を配合し、3ミクロンの超微粒子に粉末化して、体内に吸収されやすくしています。 カルシウムが不足すると卵子は受精が難しく、また精子もカルシウムが不足すると運動能力が劣り、卵子の殻を破り受精が困難になります。 この「サンゴカルシウム」は、人体に必要な16種類の必須ミネラルを保有し、食生活では補うことが難しいミネラルの補給を可能にしています。


妊娠に必要な「葉酸・カルシウム」を配合

赤ちゃんを授かるためには、妊娠に必要な栄養素が男女に足りていなければなりません。 食生活で不足がちな栄養素として主に「葉酸」、「カルシウム」が挙げられ、赤ちゃんを望む ご夫婦のためにこれら二つの栄養素を主としたサプリメントになります。


サンゴカルシウムに含まれる必須ミネラル16種類

主要ミネラル 微量ミネラル
カルシウム(Ca) リン(P) カリウム(K)ナトリウム(Na) マグネシウム(Mg)硫黄(S) 塩素(Cl) 亜鉛(Zn) セレン(Se) クロム(Cr)コバルト(Co) マンガン(Mn) 鉄(Fe)銅(Cu) モリブデン(Mo) ヨウ素(I)

「葉酸+カルシウム」に含まれる栄養素

「葉酸+カルシウム」には、マカ、ビタミンC、ビタミンB群、「女性用」には女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する働きがあるリジン、 「男性用」には精子数の増加、運動の活発化を促すアルギニンを配合しています。 マカは、18種類の必須アミノ酸が含まれるほか、亜鉛などの必須ミネラル、ビタミンB群、黄体ホルモンを作る栄養素の一つであるビタミンEが 豊富に含まれ、ホルモンバランスを整える働きがあります。またビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンCと共に、活性酵素による卵子の老化を抑えます。 葉酸、ナイアシンを含めたビタミンB群は、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働き、エネルギー生産の補助をします。 ビタミンB群は妊娠に最も影響を与える葉酸の働きを助長しますが、水溶性ビタミンのため体外へと排出されやすく、毎日の摂取が必要となります。


「葉酸+カルシウム」1カプセル当たりの内容量

女性用450mg
(内容量370mg、カプセル重量80mg)
男性用450mg
(内容量370mg、カプセル重量80mg)
葉酸        250㎍ 
ビタミンC      40mg
ビタミンB1     0.5mg
ビタミンB2     0.5mg
ビタミンB6     0.5mg
ビタミンB12    0.8mg
ナイアシン     5mg
L-リジン     30mg
マカ         70mg
サンゴカルシウム 220mg
(カルシウム88㎎、ミネラル、その他)
葉酸        250 ㎍
ビタミンC      40mg
ビタミンB1     0.5mg
ビタミンB2     0.5mg
ビタミンB6     0.5mg
ビタミンB12     0.8mg
ナイアシン     5mg
L-アルギニン  50mg
マカ         50mg
サンゴカルシウム 220mg
(カルシウム88㎎、ミネラル、その他)

詳しくは受付スタッフにお問い合わせください。

診療案内
事務長ブログ
スタッフブログ

当院監修のサプリメント

アクセスマップ

住所:東京都目黒区中根1-3-1
三井住友銀行都立大学駅前ビル6F

スタッフ募集について

リンクについて

お問い合わせ