HOME > 診療案内 > 人工授精

人工授精(AIH)

◆人工授精(AIH)

精液を洗浄・濃縮するように処理して、子宮腔内に直接注入する方法です。
男性側の精子数が1,500万以下である精子の数が少ない精子減少症の方や、精子の運動率が  40%以下と低い精子無力症の方、あるいは両者の合併した精子減少無力症の方が  最も多い対象となります。
女性側に頸管粘液が粘り強かったり、炎症があったり、あるいは分泌量が少ない場合などでは、膣内の精子が子宮腔内に十分進入出来ません。精子が子宮内に十分入り込めない場合、直接精液を子宮腔内に注入してあげれば効果的です。
人工授精をおこなう為には、タイミングをみるために、経膣超音波検査・頸管粘液検査などを適宜おこなっていきます。排卵日を確定して 人工授精をおこないます。精液を洗浄・濃縮し、運動性の良い正常な精子を回収するために、2回遠心分離します。精液に混じった細菌や赤血球や白血球や動い ていない精子などを取り除き、運動性の 高い良質な精子を集めることが出来ます。
上記のような方法で処理した精液0.5mlをやわらかいチューブに入れて、子宮の内腔に注入 します。人工授精一回あたりの妊娠率は10%前後です。内服の排卵誘発剤や注射の 排卵誘発剤を使用しながら行います。
当院の人工授精は保険適用ではありません。自費にて約20,000円となります。 人工授精時に、超音波検査や排卵誘発の注射を行った場合は、別途料金がかかります。

診療案内
事務長ブログ
スタッフブログ

当院監修のサプリメント

アクセスマップ

住所:東京都目黒区中根1-3-1
三井住友銀行都立大学駅前ビル6F

スタッフ募集について

リンクについて

お問い合わせ