無料妊活勉強会はこちら

EMMA検査/ALICE検査について

EMMA検査(子宮内膜マイクロバイオーム検査) /ALICE検査(感染性慢性子宮内膜炎検査)

EMMA検査は、子宮内膜に存在する微生物の種類と量を評価する検査です。
ALICE検査は、不妊症や不育症の原因となる慢性子宮内膜炎を起こす細菌を調べる検査です。


*EMMA検査

子宮内膜は子宮内壁の組織であり、妊娠中に胚が育つ場所です。
子宮内膜の健康は妊娠に不可欠なもので、健常な子宮内膜には乳酸菌が豊富な状態で存在しています。
乳酸菌(ラクトバチルス属の菌)の割合が90%以上を占めている人では、着床・妊娠率が高くなることが分かっており、子宮内膜に存在する細菌のバランスの崩れは胚の着床不全に関わっています。
子宮内膜マイクロバイオーム(子宮内膜細菌叢)は、子宮内膜に存在する微生物とその集団的遺伝物質の全てを指し、EMMA検査ではこの子宮内膜マイクロバイオーム(子宮内膜細菌叢)を、採取した子宮内膜組織から遺伝子解析を用いて調べ、評価します。

*ALICE検査

慢性子宮内膜炎は、病原菌による子宮腔内感染に起因する子宮内膜の持続性の炎症です。
慢性子宮内膜炎のほとんどの場合、自覚症状がありません。
慢性子宮内膜炎は体外受精を行っている方の約30%、反復着床不全および反復流産経験者の方の約60%に認められるといわれています。
ALICE検査では採取した子宮内膜組織から慢性子宮内膜炎の原因菌を検出し、適切な抗生物質と治療法を推奨することが出来ます。
ALICE検査では下記の10種類の菌を調べています。
腸内細菌科、エシェリヒア属、クレブシエラ属、ストレプトコッカス属、スタフィロコッカス属、エンテロコッカス属、ナイセリア属、マイコプラズマ属、ウレアプラズマ属、クラジミア属

◇方法

EMMA検査を行う際、同時にALICE検査を行います。

  1. ①子宮内膜が厚くなる高温期(月経約15日~25日目頃)に、子宮内膜組織を採取します。
  2. 採取にはピペットキュレットと呼ばれるプラスチック製の柔らかい子宮内膜採取用の器具を用います。
    軽度の痛みや、少量の出血を伴うことがあります。

  3. ②採取した子宮内膜組織を海外の検査会社へ送り、検査を行います。
  4. ③検査後約3週間後に結果が出ますので、その結果を踏まえて治療を考えます。
  5. ※検査を行った周期には胚移植は行えません。
  6. ※ERA検査またはERPeak検査を同時に行うことができます。
    その場合ERA検査またはERPeak検査に合わせて子宮内膜を、胚移植を行う際と同じ環境にして行います。

検査結果は以下の様に判定されます

EMMA検査によってラクトバチルス(乳酸菌)が少ないことが分かった場合、ラクトバチルス(乳酸菌)膣剤を使用するプロバイオティクス治療が推奨されています。
ALICE検査によって慢性子宮内膜炎の病原菌が検出された場合は、推奨の抗菌薬を用いて治療することが推奨されています。

◇適応

胚移植を数回行っていて、着床や妊娠に至っていない方や、流産を繰り返す方など

◇費用

・EMMA検査・ALICE検査両方で
77,000円(税込み)

・ERA検査・EMMA検査・ALICE検査同時に行う場合(EndomeTRIO検査)
220,000円(税込み)

※検査までのお薬処方費用、診察費用、治療が必要な場合は抗菌薬処方費用が別途かかります。

アクセス
Access

東急東横線都立大学駅より 徒歩30秒
目黒通り沿い三井住友銀行ビル6F
入口は目黒通り沿いにあります

〒152-0031
東京都目黒区中根1-3-1
三井住友銀行都立大学駅前ビル6F

診療時間
Hours

 
午前
受付時間 09:45~12:30
診療時間 10:00~13:00
午後
受付時間 14:45~18:30
診療時間 15:00~19:00
  午前
受付時間
09:45~12:30
診療時間
10:00~13:00
午後
受付時間
14:45~18:30
診療時間
15:00~19:00

土曜日
午前 受付時間 8:45~11:30 診療時間 9:00~12:00
午後 特別予約のみ

休診日(ART特別指定外来のみ行います)
木曜・日曜・祝日
祝日が入る週の木曜日は一日診療を行います。